前へ
次へ

格好良さを基準に門扉を選んだ外構工事

老朽化が進んでいる自宅のデザインを新しくするために、何から始めるべきかと悩んでいる時に、家族からおすすめされたのが門扉の交換作業です。住宅の入口に錆びた門扉を設置していると、住宅全体が古臭いイメージになってしまうと聞いたのが、外構工事を始めた理由の一つでした。門扉というのはサイズが少し大きいために、値段が高くならないか心配だったのですが、10万円ほどの出費で済んだことに安心しています。4色の中から好みのカラーデザインを選ぶ事ができて、ロングセラーの商品なので耐久性も心配せずに済みました。特に気に入ったのが本体の軽さで、以前に使っていた門扉は重量があるために片手で押して開けるのも大変だったのですが、新しいものは簡単に開いてくれます。扉を開ける際に異音が発生するような事もなくて、夜間に門扉を開けても音が近所迷惑になりません。外構工事にかかる費用の安さや、サポートの手厚さなども含めて良かったと思えます。

Page Top